小・中学生時代の同級生の女の子に大量中出し、妊娠確定セックスした結果・・

小・中学生時代の同級生の女の子に大量中出し、妊娠確定セックス

 

完全無料セフレサイト

 

これまでに出会い系で衝撃的な出来事が何度かありました。

 

多くは、「ヤ・ラ・レ・ター!戦略的撤退!」というような嬉しくない体験でした。

 

ただ、一回だけ衝撃的ではあるけど良い思いをしたことがあります。

 

幸か不幸か、出会い系サイトでエッチする目的で会った相手が小・中学生時代の同級生だったことです。

 

それは、社会人になって2年目5月の連休が明けた頃のことでした。

 

出会い系サイトで遊び相手を探していたらちょうどいい感じになった子がいたので、駅で待ち合わせることにしました。

 

私はそのために列車で30分ほどかけて町へと出てきたわけです。

 

そして、駅前で待っていると、この間のクラス会であったA子がやって来ました。

 

こんなところで奇遇ですな。え、人を待っている?私もなんですよ、女の子とデートなんですよ。

 

え、あなたも?これはまた、クラス会のネタになりますな。…

 

二人の相手はいつまでたってもやって来ません。

 

それで、お互いの相手について話をすると、お互い思い当るところがあり、答え合わせとなりました。

 

お互い、大爆笑とはならずなんとも言えない沈黙が続いた後、このことは二人の秘密として絶対に他言無用という取り決めを交わしました。

 

一時は混乱しましたが落ち着いてA子を見ると、結構、好みの体つきをしていました。

 

ちょっと抱いてみたいかもと思いだし、今からA子の部屋に行こうかと提案してみました。

 

A子は考えたようですが最終的に同意してくれました。

 

小学校以来の同級生だし、手は出さないだろうと思ったのかもしれません。考えが甘いですが。

 

A子は就職後この町に一人で住んでいました。

 

朝が早くて大変だから、職場のそばに部屋を借りているそうです。

 

待ち合わせの駅から二人で地下鉄に乗ってさらに歩いて彼女の部屋に着きました。

 

車内でお尻を触れば足を踏まれました。そういうところは昔と変わらない感じでした。

 

A子のアパートについて部屋に入るとかわいらしい部屋でした。

 

A子はまだ彼氏がいないようなのでこれはいけると思いました。

 

A子は、カバンを部屋の隅に置くと、冷蔵庫からお茶を出して、コップに注いで持って来てくれました。

 

お茶を飲みながらA子が、ヤるの?と聞いてきたので、勿論!と答えました。

 

A子がお茶を机に置いたのを見計らい、さっそく襲いかかりました。

 

A子は、ベットでと言っていましたが、とりあえず、絨毯の上で脱がしに掛ります。

 

結構脱がせやすい服装だったので楽でした。

 

下着姿にしたところで、お前も脱げと言われて自分もパンツ一枚になりました。

 

いくら小・中学校の同級生といっても男女ですから、お互いの裸を見る機会はありませんでした。

 

同性同士なら修学旅行の風呂で見ているかもしれませんが、異性ですからね。

 

どちらが先に脱ぐか、お互い相手に脱げと要求し合い最終的にじゃんけんで決めることになりました。

 

勝負は2回のあいこを経て、私が勝ちました。

 

勝者が敗者の全裸を楽しむ時が来ました。

 

なおも往生際が悪い抵抗をしていました。

 

しかし、ブラジャーを外され、胸を手で隠しながらパンティーを守るのは困難でしょう。A子は落ちました。

 

恥ずかしがるA子の前に立って、私は自分のパンツを脱がせるように言いました。

 

A子の目の前には、テントが一張り股間に張られていました。

 

A子が私のパンツを脱がせると、勃起した陰茎が彼女の目の前に披露されました。

 

A子は、恥ずかしそうにただ見ているだけだったので、咥えるように言いました。

 

咥えたところで、頭をがっしりと掴んで前後に動かします。

 

普通のフェラよりもこっちの方が興奮するのです。

 

気持ち良くなって、うっかりそのままA子の口の中に出してしまいました。

 

A子は何も言っていないのにそのままゴックンしました。

 

お礼にA子が抵抗する中、クンニを敢行しました。

 

A子の秘部をじっくりと観察します。

 

A子は見られることで羞恥心を刺激されたのか、しきりに腰を動かし、顔は手で覆っていました。

 

やがて、A子の秘部に口をつけようと私は頭を彼女の股間に突っ込みました。

 

すると、今まで顔を覆っていた手で私の頭をどけようと必死に抵抗してきました。

 

足も閉じようとします。これを無理矢理抉じ開け、顔を突き入れました。

 

舌を中に入れたりクリを舐めたりしているとA子のあそこから愛液が染み出してくるのが分かりました。

 

やがて、鼻から下の口周りに唾液と愛液の混合液がべっとりと付きました。

 

そこで、ついに念願の挿入となりました。

 

もはや理性は無く、欲望に突き動かされる野獣でした。

 

正常位でコンドームも着けずに挿入し、ピストン運動をしながらひたすら彼女の唇を塞ぎます。

 

A子の唇を解放し、A子の髪に鼻をやれば、シャンプーの良い匂いがします。

 

しっかりと息を吸って、良い匂いを堪能しました。

 

激しいピストン運動に連動して、肉と肉のぶつかる音や彼女の喘ぎ声、液体が動く音が耳に届きます。

 

それらの音がさらに興奮を高めました。

 

そして、ついにA子の中で盛大に子種をぶちまけました。

 

結構溜まっていたので、放置すれば妊娠確定だったかもしれません。

 

余韻も覚めた頃に、A子が、中に出すなんて!と平手で私の背中をぶちました。あれは痛かったです。

 

 

当サイト管理人が累計23人の女の子とセックスできた、すぐヤレるセフレ募集サイトを下記にてご紹介してます。

 

セフレ募集サイトはこちら